FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋肉痛の場所が問題

ちわ、エミです。


2連休というか3連休でしたね。
信くん土曜日仕事だったからまぁ2連休だったんですけれども。


来週はキャンプの予定だから
お金もそんな使えないしどうするよってなったんですけども


タコ釣りいこうぜ!って信くんが言った。



ちょっとテンション的にタコ釣りはちょっととか思って
ナオちゃんにタコ釣りいかない?ってLINEしてみた


この返事で無理ってなったら
やめとこうと思って・・・w


でも暇だから行こうかのーって返事がきた。


行くことに決定した。


とりあえず疑似餌作るから家においでよと言ってナオちゃん呼んだ




「疑似餌作ろうや信くん。」


「おおwんじゃ準備してw」



小さいテーブルだしてきてその上に必要なもの全部もってきた。



「んじゃまず一人1個ずつ作ろうかw」

「はーいw」

「ほい」


「んじゃまずノコギリでこの木をきってぇ・・・・」

ゴリゴリ木を切るも座りながらじゃ力が入らなくて
なかなか切れないと思った信くんは立ち上がってテーブルに足を乗っけて
木が動かないようにおさえはじめた。


「ちょちょっwwテーブル傾いてる!」

「wwwwwwwwwwww」


いきなりされたもんだからあわててテーブル抑える私とナオちゃんw


「よし!切れたwんじゃこの木をまずカッターで丸く削るでー」


「おっけー!」



削ること10分経過。



「エミちゃんwwwwwwww」

「・・・・・・・・・・・・」

「へったくそやなぁwwwwwwwwww」

「エミちゃん不器用に見えへんのにwwwwwww」



不器用なんですわ・・・w
工作とか苦手だからね;


「こうやって板の半分は薄くなるようにしてryー」


「・・・こんな感じ?」

「お前それ全然薄くなってへんやんけw」

「・・・・・・・・・・・・。」


「wwwwwwwwwwwwwwwwwww」

って感じで作っていってた。



「次はこっちにドリルで穴開けて」

「ここにあけたらええの?」

「そんな真ん中にあけたら糸通すときしんどいやんけ」

「・・・・・・・・・・・・・・」


「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


ドリルで穴をあけた




「ちょっと・・・刺したのはいいけど抜けんようになったwww」

「それまわしながら抜くねんwwwww」

「エミちゃんwwwww」



渾身の力を使って引っこ抜いたんだけども
その時の顔を見てナオちゃんは笑っていた。




残りの木の板で予備を作っていったんだけれども
信くんは1つ見本で作り上げたらどっかいったw

気付いたら外も暗くなってて
子供らがおなかすいたコールをはじめたので


とりあえずご飯作って食べさせる。
ついでに大人達も食べる。


おなかが膨れて出発までまだ時間があるので
話したりして過ごして9時過ぎに出発



現地についた頃には次男坊は電池切れで爆睡。



うちらは用意してナオちゃんにも仕掛けの説明して



「あとはあそこらへんにこうして投げるだけw」


うちが投げる
ビュン→シュルシュルシュルー→ボチャン



「わかった!」



ビュン→ボッショーン!!!


「なんか真下ですごい音したけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「あれぇ・・・なんでやろwwwww」

「ナオちゃんへったくそやなぁwwwwwwwwww」


何度投げてもナオちゃんだけ飛ばない!


「・・・ん?wwwwナオちゃん利き腕どっちや」

「え?みぎ!」

「ならその投げ方おかしいwwそれ左投げやww」

「え?そうなん!?」


なんでもうちの投げ方を見てそのまま同じように投げてたらしい
うちは投げるときは左なんだけどもww


「こうしてこっち側から投げてみ?」

「・・・こう?」

ビュン→シュル→バッシャーン!

ワロタwwwwwwwwwww



「・・・こんだけ投げてたらちょっとは飛ぶもんやけど全然成長せーへんなwwww」

「なによぉ!wwwwwww」


「ほんまなんでやろwwwww」



しばらく投げてると信くんが消えた。
ナオちゃんとどこいったんやろねって話をしてたけど

ふと思った。


信くん車で寝てんじゃね?w


長男も眠たそうにしてたから
車の鍵渡して乗ったらちゃんと鍵閉めるんやでって言って車へ送った。


車についたかなと思った頃に長男の携帯に電話したら
案の定寝てたw


「信くん寝てるってさw」

「え?まだ投げて30分くらいしかたってないのに?w」

というかこのタコ釣り行こうって言い出したの信くんやのに・・・・

そのあとは話しながらナオちゃんの投げるフォーム見てた。



「なぁナオちゃん、投げるとき上見て投げてみ?」

「上?」

「うんそう。あそこらへん見ながらなげてみ?」

「わかった!」


これがきっかけでナオちゃんの飛距離が伸びた!


「そうそうwできたやんw」

「ほんまや!やっとできたー!www」



まぁそっから話しながらまたずっと投げてて
タコは疑似餌が底にひっかかってよくなくなるんだけれども


なくなったし寒いしで車に戻ることに。




「めっちゃ寒かったから風ない車の中は天国やなぁw」


「寒かったなww」


そのあと4時くらいまで話してたんかな。


トイレ行きたくなって信くん起こしてコンビニに行った。


あんまり寒いもんだからラーメン買ったんだけど
カップヌードルw



「ナオちゃんは何味にする?」


「僕は醤油」


「んじゃうちはシーフードにしよう」


車に戻ったら信くんがうちを見ていた。



「なんか見てたら食べたくなってきたwwww」

「・・・w」


信くんはカレーを買ってきていた。


「さーどうする?」

「もう寒いし帰る?」


「まったく釣れんかったけどまぁええかw」

「投げれただけでも楽しかったわw」


「10月くらいなったらサヨリ釣りにいこうや。めっちゃ釣れるとこあるねん」


「ほんま!?いきたいw」


「ただそれも投げなあかんし人めっちゃおるけどなw」

「えぇーwがんばるw」


ってわけで家に帰って
7時半にナオちゃん送って帰ってきた。


寝てない私は帰ってそっこー夢の中。
起きたのは夕方の4時なってからでした・・・・w


久しぶりにオールしたけど
もう辛いなw


眠すぎて辛かったわw
そんな休日でした。











後日おまけ。



「なーナオちゃん。筋肉痛ならんかった?」

「僕あの前の日から筋肉痛なってたからよくわからんねん・・・・」


「うち手のひらが筋肉痛みたいに痛いねんけど・・・・。」

「投げすぎた?w」



投げすぎてあんなとこ筋肉痛になんてなるんだろうか・・・。

[ 2014/09/17 14:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dioraiko.blog.fc2.com/tb.php/171-7c303037







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。