FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院で大泣き

おはようです、エミです。


昨日は夕方に買い物に行って

ご飯の準備していたんですけども
アボカドを使う料理で種を取ろうとしてました。


んでいつも包丁を種に刺してねじって取ってたんですけど
同じようにしたら

ミスったようで手に刺さりました・・・w


「ぐぁっ!!!!」


と言って手見た瞬間ビックリ。
血まみれなってて

あーヤバイヤバイと思い始めた時には
腕まで血がたれてる状態。


とりあえず血をふいて抑えたのはいいけど
これ血止まんの?レベル。


傷見たら1センチ以上の幅でパックリいってて
縫うのかどうか微妙だったんで信くんに電話した。


したらそんだけ切ってんなら多分縫わないとダメだろうし
病院行っといでと。


もう普通に病院終わってる時間なので
救急やってるとこに電話したらすぐきてねって言われた。


折り返しで信くんからも電話あって
ちょっと待っててと。


病院行って先生に見てもらったら


「あーもうこれ縫わないとだめやな。」


「・・えぇー。」


「そこ寝転んでねw」


「あのぅ・・本当に痛いの我慢できないんですけど・・・」


「歯医者さんで麻酔したことある?そんな感じだから」

「ほんとですか?」


それなら我慢できそう・・・。




とか思ってる矢先にでっかい綿棒みたいなので傷口グリグリされた。


「ちょ!!!痛い痛い!ギャーー!!!」

看護婦さんが飛んでくる


「すぐ終わるから!大丈夫だから!」


本当に痛い!


「いだぁいいーー!ひぃーーーん(大泣」

看護婦さん「・・・・w」




大の大人が大泣きですわ。
正直歯医者でも泣く奴なんでまぁ予想はしてたんですけど。




「もうそのグリグリすんのやめでくださひぃーーーん!」


「麻酔するよー!」



最初の一針で更にギャン泣き。
看護婦さんら抑えながら私をあやすも耳に届かず。


「ほーら!もう痛くない!麻酔したから!」


「うぞづぎぃーーーいだいーーーひぃーーーん!!!」



先生ほんとすいませんでした・・・w



その後ビービー泣いてる私の手に何かをあてた先生。
今の縫うってホッチキスみたなやつなのね。

知らずに泣いてましたけど
バチンと音と共に激痛wwwww


「うわあああああああん!ナニコレいだいいだい!!!びえええええ!」


「もう終わるからっ大丈夫だから!」



続けて2回バッチンされてあまりの痛さに手が動くwww



「もう終わったから!もう痛いことしないからね?」

「びえええええええええええええええええええええーん!!」




聞く耳持たず大泣き続ける28歳。


「先生・・・。」

看護婦さんが私の手を指さす。
私はシクシクとまだ泣いてる。


「あー傷深いんかな。まだ血が止まらんな。」



私が見ていない隙にもう一発バッチンする先生。


「ビャーーーーーーー!!!もうバチバチいややああああああ!」


「もうほんと終わったから大丈夫やから!」

「せんせーのうそづぎぃーーーびええええええええ!」

看護婦さん「wwwww」



その後ギャンギャン泣いてる間に
ガーゼと包帯を看護婦さんが巻いてくれてたんですけども


「もう大丈夫やからねーw血もちゃんと止まったからねぇーw」


私は小児科にいるんだろうかと勘違いしてしまうほど子供扱いを受けていた。



「ごめんなぁー興奮してたみたいやから麻酔ちゃんと効いてなかったんやなぁー」


「・・・ずいませry・・・ひぃいいーーーん(泣」



先生と看護婦さんほんとすいませんでした・・・w
痛さが蘇って最後の最後まで大泣きした私。


薬出すから外で待っててねと言われて信くんのところへ。



「・・・え?泣いたん?w」



またボロボロと涙が出てきて周りもドン引きしていた。


「何針されたん?」



静かに指を四本たてた。


「うわぁ・・・w」



あんまりにも泣くもんだから
今日の晩御飯は作らなくていい事になり

結局外食にしました。
明日から毎日消毒に来るように言われたので
多分明日も泣くでしょう。


あのホッチキスみたいなんほんと痛かった・・・。
麻酔が効いて手が痺れてきたのは
待合室で待ってる時くらいからだった気がする。


大泣きした分麻酔は遅れてやってくるということを学び、
アボカドはもう見た目を気にせず全部スプーンでくり抜く決心をした1日でした。
[ 2014/05/10 09:36 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dioraiko.blog.fc2.com/tb.php/118-c1f6de20







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。